父と私の生誕地、貝島炭鉱跡地への旅 -炭鉱跡地ー

 私と父の生誕地は、福岡県鞍手郡宮田町です。今は合併して宮若市となっていますが、今の宮若市役所が以前は宮田町役場で、この近くに幼少期の実家がありました。

 この辺りは炭鉱の町で、この一帯は貝島炭鉱と呼ばれていました。父はここで生まれ育ちました。

 

 私は高校を卒業するまで、私の本籍は福岡県直方市だと思い込んでいました。当時、祖父母が直方市に住んでいたから勝手にそう思い込んでいただけなのですが、そのことを父は一度も否定しませんでした。私なりに貝島炭鉱について調べてみると、炭鉱労働者は周囲から差別的な偏見を受ける身分だったようで、父は私を気遣って出生地を直方市と思いこませたのかなと考えてしまいました。

 

 直方市の商店街を一通り見て回った後、タクシーに乗り込んで貝島炭鉱跡地がある宮田町へ向かいました。

 

 

 

 

 タクシーに乗るなり、旧宮田町に向かいました。最初に目を引いたのが福岡県立鞍手竜徳高校でした。父がここに住んでいた頃は農業高校だったようで、見違えるほど立派な学校に変わっていることが驚きだったようでした。

 

 

 この日、再び父を感動させたのがこの写真の酒屋さんでした。

 父が鉱員として仕事をしていた頃、よく通っていたようで、炭鉱が閉山になった今でもここで変わらず酒屋を営んでいることに感動していました。

 立ち寄って行こうと父を誘ったのですが、ここから見るだけでいいというので写真だけ撮らせていただきました。

 父の中では、炭鉱が閉山となり宮田町から多くの人がいなくなったので、町の経済は悪化し過疎化が進んでいると考えていたようでした。しかし、実際に行ってみると想像以上に人が住んでいて、町が再生されていることに驚いているようでした。

 この先にあった鉱員の住宅地も今では県営住宅街になっていて、廃墟となった町をイメージしていた父は町に活気があることが心底嬉しそうでした。

 タクシーの運転手に「この近くにトヨタの自動車工場ができたので、宮田町に活気があるのかな?」と聞いたところ、「この町にその恩恵はなかですね、工場で働く人は○○に住んどうとですよ」ということでした。

 

 鉱山跡地は埋め立てられ、ソーラーパネルが跡地一面に張り巡らされていました。

 鉱山跡地周辺にも舗装された道路が走っていて、鉱山があったことを微塵も感じさせないほど町が再生されている光景を父は嬉しそうに眺めていました。

 石炭列車が走っていた線路も今では道路に変わっていて、炭鉱跡地を思わせる光景はどこにも残っていませんでした。

 貝島炭鉱の特徴は、露天掘りと呼ばれる採掘法だったようで、ここが唯一炭鉱跡地を残す光景だったようです。その露天掘り跡地は大きな湖になっていました。

 露天掘り跡地周辺は、フェンスで囲まれていて近づくことは出来ませんでした。

 この光景を父は無言で静かに眺めていました。約40年ぶりに貝島炭鉱に帰ってきた父は何を思ったのか、最後まで聞くことは出来ませんでした。

 この写真は閉山前の貝島炭鉱の露天堀りを写した記録写真ですが、父の眼にはこの光景が思い出され、今の姿と見比べていたのかもしれません。

 貝島炭鉱跡地の観光が終わると再び小倉のホテルに戻り、帰り支度に入りました。

 

 宿泊したリーガロイヤルホテルは客室が広く、両親を満足させてくれました。

 この旅行の帰りは両親と私だけ、兄は早朝にさっさと帰ってしまう薄情者でした。兄には炭鉱の記憶が残っているだけに貝島炭鉱跡地巡りに同行してくれなかったのは残念でした。

 小倉から倉敷へ帰る途中、福山駅から新幹線こだまに乗り換えたのですが、終着駅の新倉敷駅までの区間に思いもよらぬ体験をしました。それは指定席の1車両(3号車)が私たちだけの貸し切り状態になっていたことです。

 

 年甲斐もなく父とはしゃいでしまう一幕でした。

 珍しい体験だったので、写真撮影をすると父も嬉しそうに顔を出して写真におさまっていました。

 

 今回の旅で私が生まれた町のことを初めて知ることが出来ました。

 

 思い入れがあるわけではないのですが、私が今の父と同じ歳になるころ、また来てみたいと思いました。

 

 貝島炭鉱跡地がどのように再生されているのか、興味が出てきたからです。

 

 貝島炭鉱があった頃、この町は大盛況で父の中では今でも最高の思い出がある時代だったようです。当時の父の仕事仲間は皆亡くなったようで、炭鉱による繁栄を知る人々がいなくなるというのも寂しい限りです。

 

 私の生れ故郷なので、この町に炭鉱の歴史を残してもらいたいと願うばかりです。

 

 

 最後になりましたが、3日間動物病院をお休みし、多くの患者さんにご迷惑をおかけしました。

 それなのに12日水曜の開院時には多くの患者さんが来院くださり、ありがとうございました。

 

 私の中では、お休みをいただいたおかげで父に親孝行が出来たと満足できた旅でした。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    松尾俊和 (日曜日, 26 2月 2017 16:42)

    お父様との宮田旅行、いい思い出になられましたね。
     今は神奈川に住んでいますが、高校卒業まで宮田生まれの宮田育ちです。
    子供のころは、友人にも家族が炭鉱で働いている方が多く、私の父は商店街に努めていましたが炭鉱にお得意さんが多くおられました。
    「炭鉱労働者は周囲から差別的な偏見を受ける身分だった」という感覚は私にはありませんが、当時の活気は炭鉱に努めている方が支えてくれていたことは確かです。
     自分がその立場に居たわけではないので、本当のところはわかりませんけれど。
     毎回帰省するたびに商店街が寂しくなってゆくのを感じます、これは直方も同じですね。
     宮若市は、従業員こそ住んでいませんがトヨタ自動車九州の恩恵はあると思います、他に大きな産業がない中で、市立の中学や図書館は立派になっているのも、トヨタ自動車九州のからの税収あっての事だろうと思っていました。
     炭鉱の歴史、他の炭鉱が歴史遺産としてうまく観光資源としている例もある中、宮田町はうまくいきませんでしたね、わずかに石炭記念館に貴重な記録が残っています。(ご覧になりましたか?)
     また、「貝島炭礦鉄道 1961〜1964」に当時の貝島炭鉱の事がくわしく載っています。
    https://www.imon.co.jp/webshop/index.php?main_page=product_info&products_id=141422

    是非、また宮若をご訪問ください。

  • #2

    中島康子 (水曜日, 07 6月 2017 21:26)

    山本酒店、私の同級生のお店です。今は大阪で暮らしてますが とっても懐かしいです。

  • #3

    (日曜日, 01 4月 2018 16:25)

    僕も先日、宮田に帰って来ましたよ❗僕の父親は炭鉱夫でした。宮田、直方二つの町が寂れて凄く悲しくなりました、当時通ってた小学校、宮田中学校も閉校になっててただただ涙が溢れました

  • #4

    橋本文雄 (木曜日, 05 4月 2018 00:10)

    (水曜日、01 4月 018)
    宮田出身です。実家は農家で直接炭鉱にはかかわっていませんが小学校は貝島氏が建てた宮田北小学校また、今は無き宮田東中学校で炭鉱関係の子弟と共に勉学しました。高校も今は無き炭鉱技術者を育てた筑豊工業高校出身です。小学生の頃は家からボタ山にトロッコが上がりボアを捨てる景色や蒸気機関車が何十輛もつながった石炭を積んだ貨車をノロノロと引っ張る風景を記憶しています。中学生頃になると立坑からの採掘が露天掘りに変わり当時は東洋一の露天掘りとの事でした。筑豊のシンボル、ボタ山もいつの頃か無く成ってしまいましたがあの頃は活気があった。中学生の時は一クラス50人が11クラスもありました。運動会などどこの家族も総出で見に行き、すごい盛り上がりでした。その後、埼玉で娘達の運動会を見に行って余りの違いにがっかりしたものです。数年に一度、里帰りしますが炭鉱の面影はあまり見られなくなりましたがいまだ心落ち着く故郷です。

  • #5

    アミール動物病院 (月曜日, 16 4月 2018 22:01)

    橋本文雄様

    貴重なお話し、ありがとうございます。私には炭鉱の記憶がないので、興味深く読ませていただきました。ボタ山?ボア? 機会があれば、父に伺ってみます。 貴重な経験談、ありがとうございました。


    勉様
    コメント、ありがとうございました。

  • #6

    アミール動物病院 (月曜日, 16 4月 2018 22:09)

    松尾俊和様、中島康子様

    遅くなりましたが、コメントいただき、ありがとうございました。
    貴重な情報をいただき、閲覧させていただきました。

  • #7

    石原 一宏 (火曜日, 24 4月 2018 00:14)

    私は昭和30年鞍手郡宮田町三鉱南区の出生です。
    閉山前の昭和38年10月に広島県福山市に転居しました。
    小学校は菅牟田小学校で山の神、共同浴場、グランド、磯光駅のそばに池がありよく魚釣りに行ったことも
    54年たった今も私の故郷ですから大変懐かしくおもいだされます。
    私の祖父は小寺浅夫、平成16年8月、93才で他界しましたが貝島炭鉱ではサキヤマという貝島3人衆の一人だった事を自慢していました。
    アミールさんの写真を拝見しました。すっかり景色が変わっていますね。
    無理もないですね54年過ぎたのですからね。
    5月の連休に帰って来ます。
    貴重なブログありがとうございました。
    私の故郷であり人生の原点です 菅牟田は。

臨時休診のお知らせ

予定はありません。