父の闘病生活

 昨年、父に癌が見つかり手術をしたのですが、今年の7月、癌が転移しているのが分かり2度目の手術を行いました。

 父の体力も今年が限界かと思える状況の為、来月、父を連れて故郷である九州(福岡県)に行くことにしました。

 私に出来る最後の親孝行かな、父が里帰りするのは約30年ぶりになります。父に体力があるうちに、九州へ連れて行き、兄弟(妹)たちに会わせたいとの思いで旅行を計画しました。そのため、病院を3日間閉めることになり、当院を利用してくださる患者さん達にはご迷惑をおかけします。

 

 父は7人兄弟(妹)の2番目(次男)で、中学を卒業すると家族の生活の為、炭鉱で働きながら夜間高校を卒業しました。本人は大学へ進学したかったそうですが、家族の生活のため働かなくてはならず進学を断念したそうです。

 自分が進学を諦めたためか、父は「国立大学なら進学させてやる」と私が小学生のころからよく口にしていました。

 

 私が生まれてほどなくして炭鉱は閉山となり、父の新たな勤め先は製鉄工場となり、私たち家族は九州を離れて岡山に移り住みました。そのため、私は小・中・高と岡山で過ごしました。

 

 私が父に一番驚かされたのは、私が解けなかった数学の大学入試問題を父が「懐かしいなあ」と言いながら解いてしまった時でした。その時、父は53歳。学力の高さに驚かされたのを今でも鮮明に覚えています。

 (学力は遺伝子ません。私は数学がとても苦手でした。)

 

 両親に高知へ来ないかと誘っているのですが、岡山から離れる意思は無さそうで、そのため父の闘病中は岡山まで車を走らせることとなり、私の体力も消耗する日々が続いています。

 

 今回の旅行は、両親と私たち兄弟で移動します。私には両親と兄弟そろっての家族旅行をした記憶がありません。私の知る限り初めての家族旅行になります。私が小学生だった頃、夏休みの宿題に毎年「楽しい思い出の絵日記」がありましたが、毎年、ウソの絵日記ばかり書いていました。行ってもいない旅行の絵日記が大半でした。当時の私は冷めた小学生だったので、それでひがんだり落ち込んだりすることはありませんでした。

 

 両親との旅行はこれが最後になるかもしれないので、天候がいいことを祈るばかりです。

 

 

 

 10月9日(日)〜10月11日(火)の3日間、当院は休診となります。

 

 ご迷惑をおかけしますが、何卒、よろしくお願いします。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ココ (火曜日, 11 10月 2016 13:58)

    先生、旅行たのしんでますか?疲れると思いますが、楽しい思い出作ってください。

  • #2

    向日葵 (水曜日, 16 8月 2017 19:19)

    20年ほど前、そのころは私も岡山県在住でしたが。先生のお父様、お母様には親切にしていただきました。どうもありがとうございます。
    感謝申し上げます。

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。