腎不全?-気をつけて!猫の血漿クレアチニン値はウソをつく-

今回は、猫ちゃんに缶詰や手作り食を与えているオーナーさんや獣医師に向けてのお話です。

 

血漿クレアチニン値って、何? と思われる方にザックリとした説明をします。

 

腎臓は血液中の老廃物を排泄する臓器です。


血液中の老廃物がきちんと捨てられているかどうかを間接的に把握する指標に血漿クレアチニン値が測定されます。

 

クレアチニンとは、骨格筋由来の代謝産物(小さな老廃物)で、腎臓にある糸球体という場所で血圧の力で様々な老廃物ととも排泄されます。

 

そのため、血液中にクレアチニン値が増加すると、血液中の老廃物がうまく捨てられていないかもしれないという疑いをかけます。

 

疑いというのは、クレアチニン値は万能ではないかです。

 

また、腎臓という場所はおしっこのもとにあたる原尿中に含まれる必要な栄養成分を再び血液に取り込む働きもしています。

 

その作用に異常がおきているかどうかの指標に、尿の濃さを確認する尿比重検査を行います。

 

腎臓の健康状態は、血液と尿の両方を検査するのです。

 

 

では、話題を血漿クレアチニン値に戻します。

 

 

今から2年以上前、1歳の猫ちゃんが検診に来院されました。特に気になる症状は無いとのこと。

 

血液検査と尿検査を行うと、血漿クレアチニン値は高く、尿比重は低下していました。

 

腎不全を疑う所見でしたが、体調は良く、脱水もありません。

 

他の猫ちゃんとの違いは、オーナーさんが手作り食を猫ちゃんに与えていることだけでした。

 

1カ月後、再検査を行うと、今回も血漿クレアチニン値は高く、尿比重は低下していました。

 

そこで、この猫ちゃんをお預かりして、水分制限を行いました。

 

すると、尿比重は正常値まで高くなったので、やはり腎不全ではありませんでした。

 

それでもクレアチニン値の増加をオーナーさんも気にされていたので、食事をキャットフードに変えていただきました。

 

すると、血漿クレアチニン値は正常に戻りました。

 

これらの経緯から、食事の成分が血漿クレアチニン値に影響を及ぼすという疑いが浮上してきました。

 

食事中のクレアチニン含量が血漿クレアチニン値に若干影響を与えることはヒトやワンちゃんでは報告されていましたが、今回の影響はそのレベルを超えていました。

 

食餌でこんなに影響するものか、半信半疑でいると、この猫ちゃんのオーナーさんが、あるブログの記事を届けに来られました。

 

同様な経験をされている方が他にもいらっしゃって、調べてみると、1995年に日本小動物獣医学会に猫の血漿クレアチニン値に関する報告が行われていました。

 

この論文を下記に添付しました。興味のある方は一読してみてください。

 

猫に魚の食材をあたえると血漿クレアチニン値は高くなるようです。

 

食後の血漿クレアチニン値は注意が必要のようです。

 

 

今回の症例、検査値だけで腎不全と診断しなくてよかったというケースです。

 

私が大学生だったころ、アルバイト先の獣医さんがよく口にしていた言葉があります。

 

「検査結果が臨床症状と一致しない場合は、検査結果を疑え。」と。

 

あらためて、言葉の重さを痛感した事例でした。

 

 


-補足-

 

PDFファイルが見れない方のために下記論文の一部を紹介。


まぐろ(白身)の缶詰を与えた場合のクレアチニン値は、

Cre値(mg/dl) 食前:1.3±0.2  食後:3.5±0.7


かつお・まぐろ(血合)の缶詰を与えた場合のクレアチニン値は、

Cre値(mg/dl) 食前:1.5±0.3  食後:3.8±1.0


(摂食3時間後の血漿クレアチニン値です。缶詰はいずれもクレアチニン含量が多い食材です。)



猫の血漿クレアチニン値と食餌中クレアチニン含量.pdf
PDFファイル 437.6 KB

コメントをお書きください

コメント: 15
  • #1

    xiao (金曜日, 29 5月 2015 11:19)

    非常に興味深く拝見しました。

    実は、飼っている猫が2ヶ月前に腎不全と診断され、水分補給と体重減少防止を考え、
    ここ2週間ほどは好きなマグロの缶詰を療法食(ドライ)に組み合わせて食べさせるようにしたところ、
    それまでBUNとクレアチニンは点滴とサプリメントのためか、低下傾向であったのが、
    先日の検査ではBUNとカリウム値は下がっている一方で、クレアチニン値だけが上がっていました。
    その日の朝マグロを食べ、その2時間後ぐらいに検査を受けました。
    猫の調子は以前よりよさそうに見えます(カリウムの補給を開始したことも関係あるかもしれません)。
    クレアチニン値が給餌のせいで高くなっているとしたら、
    本来の腎臓の機能を示しているとは限らないため、
    クレアチニン自体に毒性はないということのようですし、
    あまり気にせずマグロをあげ続けてよいものでしょうか。
    そこが今気になっています。

    次回の検査は24時間前からまぐろを避けてみようと思っています。

  • #2

    アミール動物病院 (月曜日, 01 6月 2015 23:18)

    上記のコメントは質問だったのでしょうか。

    クレアチニン値に影響を与える魚肉を与え続けていいのか悪いのか、時々質問を受けます。

    確かに回答に苦慮します。

    療法食を作っている大手メーカーでも原材料に魚肉が使われている商品があるので、魚肉を与えることは害にならないと思われますが、クレアチニン値に影響を与えるほど与えていいのかについては結論は出せない状況です。

    海外で出版されている猫用の手作り食を紹介している書籍には、カツオやマグロを使ったレシピが数多く紹介されているので、現時点での当院の方針では、食材として使用しても構わないとしています。

    因みに当院において、実際にカツオやマグロを食べさせている猫ちゃんに今のところ有害事象は確認されていません。

    また、何か新たな情報があれば、再びブログで紹介させていただきます。

  • #3

    xiao (木曜日, 11 6月 2015 14:27)

    わざわざご回答いただきありがとうございました。
    引き続きまぐろの缶詰を療法食とともにあげていますが、
    本猫は元気にしております。

    今日検査に行きました。24時間前からまぐろをあげず、キドニーケアだけにしました。
    その結果、クレアチニン値は前回(朝マグロを食べて、その3時間後ぐらいの検査)4.7と高かったのですが、今回マグロ抜きで行ったところ、3.3に下がっていました。
    やはりマグロの食事が前回の検査結果に影響を与えていたのかもしれません。
    BUNも22と順調ですので、引き続き缶詰をあげてみようと思います。

  • #4

    あずさ (火曜日, 01 9月 2015 22:02)

    質問させていたただいてよろしいでしょうか?
    14才のメス猫です。
    1ヶ月ほど前から透明なものを吐くようになり最近頻繁になってきたので1週間前に病院に連れて行きました。
    血液検査と尿検査をして腎臓が悪いことがわかりました。
    血液検査の結果はクレアチニン2.8、Bun44.2、リン4.1です。
    薬はランソプラゾール、モサプリド、薬の名前はわかりませんが腎臓の血流をよくする薬、食欲増進の薬です。
    尿検査の結果は聞いてません。
    最初は1週間に2回くらい輸液に来てと言われたので2日あけて行きました。
    だからそれほど悪いとは思わなかったのですが、きのう行ったときに血液検査とか尿検査の結果からどの程度なんでしょうか?と聞いたら尿毒症だと言われて驚いています。
    この数値からしてほんとに尿毒症なんでしょうか?
    詳しい説明がなく、ただ薬を出され輸液に1週間に2回くらい来てとしか言われなくて尿毒症とは思いませんでした。
    一時食べなくなったので、それから1日おきに輸液に行っています。
    餌は腎臓サポートの試供品を4種類もらったので今それを色々試していて、その時の気分でまちまちなものを食べています。
    食欲は落ちていますが少しずつ食べています。
    きのうと今日1回ずつ嘔吐しました。
    アドバイスをいただけると助かります。
    よろしくお願いします。

  • #5

    アミール動物病院 (水曜日, 02 9月 2015 22:46)

    あずさ 様

    ご高齢の猫ちゃんが体調を崩すと心配ですね。
    獣医師という立場では、言葉の選択には気を使うことがあります。
    かかり付けの先生から「尿毒症」という症状名を聞かされて、驚かれたようですが、
    尿毒症という表現では無く、「高窒素血症」と言われていたら驚かなかったのではないでしょうか。
    どちらも同じような意味の言葉ですが、先生によっては区別なく使われる方もいるようです。

    メス猫ちゃんが腎不全かどうかは、記載されている内容では判断ができないのでコメントは控えさせていただきます。
    もう一度、先生に説明を受けてみてはいかがでしょうか。
    納得できなければセカンドオピニオンを検討してもいいかと思います。

    ちなみに高窒素血症を起こす原因は腎不全だけではありません。
    獣医師の仕事は臨床症状や検査結果から常に鑑別診断を行っています。
    また、病気は一つだけではなく二つ、三つと同時に発症していることもありますし、
    診断がつかないことも多々あります。
    病気の診断が出来ない場合でも、なぜ診断できないのか当院では説明するよう心掛けています。

    メス猫ちゃんのためにも、飼い主さんが納得した上で治療に取り組むべきだと思いますよ。

  • #6

    あずさ (火曜日, 08 9月 2015 21:56)

    お返事ありがとうございます。
    今日こちらを見てお返事をいただけたことがわかりました。
    すみません。
    その後1日おきに輸液に通っており、餌も少しずつですが食べて、たまに吐くこともありましたが落ち着いていまさした。
    今日は透明なものを10回くらい吐いてまったく餌を食べません。
    おしっこは出ていますがトイレに出たり入ったりしてそのあと吐きます。
    うんちが出ないためなのか?と思いますが明日朝一で病院に連れて行きたいと思います。
    病院での先生の説明、やはり詳しく説明してほしいですね。
    初診の日も血液検査をした方がいいからその結果を見てからにしましょうと言われて、私はいったん帰宅して2時間くらいして再度病院に行きました。
    そしたら、もう輸液をしていて腎臓だったよと言われただけです。
    週に2回くらい輸液に来てと言われました。
    尿検査をしたことも聞いてないし、明細書を見て初めて知りました。
    輸液や注射などこちらの了解もなくしてしまいますがこれが普通なんでしょうか?

    こちらも猫が腎臓が悪いことがわかってからネットで色々調べて改めて怖い病気だと思うのと、もっと早く気づいてあげなかったことが悔やまれます。
    ネットで調べていると数値的には尿毒症???ほんとに??と思ったりしてましたが悪化してきているので今検査をしたら数値も悪化してきているだろうと思います。
    医療費も頭が痛いです。
    でも一番つらいのは猫なので通院もお金の方も頑張ろうとは思います。
    うちの猫はとても臆病で私にしかなついていなく、病院に行っただけでも震えています。
    輸液の間もずっと震えています。
    かなりのストレスになっているでしょう。
    入院などはとても無理な状況です。
    この先どのようにしていったら猫が穏やかでいられるのか頭を悩ませています。
    昨年は16才のオス猫を癌でしたが家で看取りました。
    こちらは手のほどこしようがなかったので輸液にたまに通って延命処置はお断りしました。(先生は勝手に延命を決めてました)
    ただ最期は苦しまないようにだけを願ってました。
    天国に行く前日まで後ろ足がよくたたない足で自力でトイレに行き、亡くなる日は起きられなくなりその日の夕方あまり苦しまずに逝きました。
    今、腎臓病と闘っている猫も余命はわかりませんが残りの時間を一緒に過ごしたいと思います。
    後悔しないようにできることはしてあげたいです。

  • #7

    あずさ (水曜日, 30 9月 2015 21:51)

    先日はありがとうございました。
    今も猫は頑張ってくれています。
    ひとつ質問させてください。
    輸液をしてきた翌日すごく吐きます。
    それが心配で今回数を減らしてしまっているのですが、こういう場合どうしたらいいですか?
    返って体調を崩しているように思えて仕方ないのですが。
    動物病院にも聞きにくいです。
    輸液はした方がいいのですよね?
    薬は飲ませています。
    よろしくお願いします。

  • #8

    アミール動物病院 (木曜日, 01 10月 2015 21:01)

    あずさ 様

    輸液をした翌日に嘔吐がある旨は、主治医の先生に伝えるべきです。
    動物を診察するうえで、主訴や問診は診察に欠かせない情報なのです。
    私に吐く原因を質問されても、状況や病状が分からないのでお答えできません。

    また、主治医の先生の診断や治療に関しても、このような場でコメントすることは出来ないのです。

    当院では動物たちの診療を行うにあたって気を付けていることがあります。
    それは、動物たちを病院嫌いにさせないよう尽力していることです。
    治療のためとは言え、過剰なストレスを与える行為は今後の治療に影響がでるからです。

    あずささんが相談する相手は、主治医の先生です。
    猫ちゃんにとってベストな治療法を主治医の先生と話し合ってみてはいかがでしょうか。

  • #9

    あずさ (金曜日, 02 10月 2015 17:05)

    ありがとうございます。
    主治医に相談してみます。

  • #10

    アミール動物病院 (金曜日, 02 10月 2015 23:19)

    腎不全検索で、当院のブログを読んでくださった皆さまへ。

    血漿クレアチニン値が高いだけで腎不全だという診断にはなりません。

    心拍出量が減って腎臓に血液が行きにくくなっても血漿クレアチニン値は上がります。
    このような心不全の場合、輸液をして前負荷をかけすぎると、肺うっ血を起こし症状を悪くさせることもあります。

    私たちが診察や検査をする行為は、様々な疾患を想定しながら、この患者さんはどういう疾患なのか鑑別診断を行う行為なのです。

    それゆえ、診断がついたら、その内容に関して、きちっと説明する必要があるのです。

    人の医療では、「ムンテラ」と呼ばれていますが、それは患者さんや家族に病状を説明する行為のことです。

    語源はムントテラピーで、説明することが治療であるという意味です。素晴らしい言葉だと思います。

    獣医師の立場で発言すると、患者の病状に関しては、納得がいくまで主治医に説明を求めることはオーナー(飼い主)さんに与えられている権利です。

    説明を嫌がる主治医には、大事な家族を託すべきではないと私は思います。

  • #11

    佐藤 (木曜日, 15 10月 2015 11:02)

    お忙しいところ、失礼致します。愛猫(ソマリ/8歳/メス/体重2.54kg)のことでご相談させて頂きたい事がございます。
    1ヵ月前「BUN:>140、cre:8.7、P:10.7」との診断を受け、24時間静脈点滴(入院5日)後、「BUN:87.2、cre:3.7、P:8.0」に落ち着きましたので、現在は自宅にて毎日100ccの皮下点滴を行っております。その後も「BUN:>61.0、cre:3.9、P:7.2」と数値は下がっていたのですが、また「BUN:88.8、cre:4.7、P:7.1」と上昇し始めました。
    食欲・元気ともに旺盛で痩せた事(3カ月で360g減)以外は、慢性腎不全と診断される以前の元気だった状態で、担当の先生も「脱水もしていないし、なぜだろう?」とのご見解です。
    ちなみに現在はセミントラとレンジアレンを処方頂いており、血圧が若干高めなため降圧剤も加えられる事になりました。
    またフードは腎臓の療法食に切り替えたのですが、ドライは問題ないのですが、ウェットは食べてくれませんので、低リン・低タンパクの一般の缶詰を与えております。
    本来なら直接受診をお願いしたいところなのですが、遠方で叶いませんため、失礼ながらメールで質問をお願いしている次第です。大変恐れ入りますが、先生のご意見を賜れましたら幸いでございます。どうぞ宜しくお願い致します。

  • #12

    アミール動物病院 (木曜日, 15 10月 2015 22:09)

    佐藤 様

    病気の質問をされても、上記の記載だけでは何も分からないに等しく、返答に苦慮します。
    BUN、Cre、Pだけで病状が分かるわけではありません。
    診察というのは、もっと総合的に評価して診断するものなのです。
    冷たい回答かもしれませんが、不安をお持ちなら、セカンドオピニオンを勧めます。

    それと、実際に診察していない獣医があれこれ言うのも、主治医の先生に対して大変失礼な行為になるのです。しかもネット上でコメントなど、言語道断だと考えています。
    その点はご理解ください。

    上記のコメントから、意見を求められているのは3項目の数値が上がってきた理由でしょうか?

    私は泌尿器疾患の専門医ではないので、今回だけ一般的なコメントをさせていただきます。

    セミントラは2014年より発売されたアンギオテンシン受容体阻害薬で、動物ではまだまだ使用歴が短いためこの薬による影響かどうかは分かりませんが、同様の薬剤であるアンギオテンシン変換酵素阻害薬には、投薬後一過性にBUNやCre値が増加することがあります。
    それは投薬により糸球体の輸出血管が拡張されるため、糸球体内圧が低下し、BUNやCreが排泄されにくくなるためです。
    そこで、脱水をうまく補正し、糸球体への血流を確保すれば糸球体ろ過量が増加して、結果的にBUNやCre値が安定してきます。
    一般的には投薬の影響は無いかどうかを考えますが、血液検査をした日と投薬を開始した日が分からないので何とも言えません。
    (専門用語を多用したので、雰囲気だけでも理解いただければ幸いです)

    投薬の影響が無いとなれば、次は・・・という具合に私たちは診療業務を行っているのです。

    誤解しないでいただきたいのは、投薬が悪いと言っているわけではありません。
    慢性腎臓病において、当院でも使用している薬剤ですから。

    ソマリちゃんの看病、頑張ってください。

  • #13

    佐藤 (木曜日, 15 10月 2015 23:58)

    ご返信を頂き、ありがとうございます。
    先生のおっしゃることはごもっともだと存じます。
    一番数値が高かった時にセカンドオピニオンを伺った医師には「もう末期なので、自宅で看取る様」に薦められました。その指示に従っていたらと思うと、ぞっと致します。
    また、主治医から先生の様にセミントラについてのご説明(一過性にBUNやCre値が増加することがある等)を頂けていれば、今回の様な質問をさせて頂くことはなかったと思います。
    ちなみに降圧剤は、ACE阻害薬(フォルテコール)をずっと服用しており、前回の数値「BUN:>61.0、cre:3.9、P:7.2」を見て、セミントラ(現在、2週間服用)に変更されました。
    先生のブログを拝読させて頂き、実際に診察をお願い出来ないことが本当に悔やまれます。
    ご回答を読ませて頂き、少し気持ちが楽になりました。
    お忙しいところ、本当にありがとうございました。


    ご回答を頂き、

  • #14

    アミール動物病院 (金曜日, 16 10月 2015 21:22)

    佐藤 様

    獣医師にも、いろいろな方がいます。詳しく説明する先生や、早めに見切りをつける先生など。
    「もう末期なので、・・・」、この先生も悪気があって言ったことではないのでしょうが、セカンドオピニオンでこう言われた心境、お察しします。
    地元で佐藤さんのご意向にあう先生と出会えるといいですね。

    慢性腎臓病になると、常に脱水のリスクを背負います。
    ソマリちゃんの体重から推測すると、かなりスリムなのではないでしょうか。
    筋肉という場所は、水分を蓄えるタンクの働きもあります。
    筋肉量が多いと点滴した水分を体に蓄えることができますが、筋肉量が少ないと点滴をした水分はすぐに腎臓から排泄されてしまします。
    スリムな体型の子は、水分を蓄える場所が少ないので、脱水になりやすいのです。
    幸い、佐藤さんのソマリちゃんは自宅で皮下輸液ができるということなので、体調や症状から輸液量を調整しながら看護を頑張ってください。

  • #15

    みみん (水曜日, 06 12月 2017 00:38)

    コメントの回答を見て聞いて見たくてコメントしました

    心臓に逆流があります。まだ薬は飲んでいません。
    腎臓の数値が微妙なので何回も検査をしています。
    bunがいつも高め、35 40 45です。クレアチニンも若干高めで1.2 前はもう少し低かったです。
    心臓からか腎臓からかはっきりしたくて検査しています。

    検査はシスタチンc 0.42 sdma 22 今は18 尿比重は朝一は高く1.034とか普通にあります。
    我慢すると1.032夜もあります。
    upcまったく問題ないです。0.005とか。
    比重も最近は安定してて。
    心臓からか腎臓からか処方食を食べないとダメなのか、タンパクの問題とかわからなくて。
    全ての検査が循環に左右されるとのこと。

    先生はどう思われますか?
    比重が上がってきた頃にsdmaも下がってきましたし、
    水を飲みまくるとかおしっこが多いとかもないです。
    sdmaも循環器に関係するみたいですが。

    タンパクもでてないし、比重もあります。

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。