看護師に負担を強いらせる帝王切開

先日、帝王切開にて胎児3頭が無事に生まれました。

 

珍しい犬種でしたが、新生児の顔は皆同じに見えます。

 

元気に泣く赤ちゃんの様子をみると緊張感から解放されます。

 

帝王切開は獣医師にとって精神的に良くない手術です。

 

動物病院で帝王切開を行う場合、全身麻酔によって手術を行う先生が多いと思われます。

 

ヒトの場合は脊髄くも膜下麻酔(局所麻酔の一つ)で行われているので、胎児が麻酔状態になるスリーピング ベイビーにさせないようにできるのでしょうが、動物の場合、全身麻酔なので胎児が麻酔状態となるリスクが出てきます。

 

胎児が麻酔様態だと子宮から取り出しても呼吸が始まらず、死亡するリスクが出てきます。

 

一度だけ、動物に脊髄麻酔で帝王切開を行ったことがあるのですが、動物は眠っていないため手術台にてパニックになってしまい、結局麻酔ガスを嗅がせて眠らせざるをえなっかた経験があり、それ以来、帝王切開は全身麻酔で行っています。

 

動物病院で行う帝王切開は、看護師とのチーム医療になります。

 

獣医師は子宮から胎児を取り出すと、蘇生は看護師に託し、次の胎児の取り出しに入ります。

 

出来うる限り胎児全頭を素早く取り出すことが蘇生率を上げると思うからです。

 

そのため胎児の蘇生を看護師に託すようなかたちになってしまうので、看護師にも精神的負担をかけてしまいます。

 

とは言え、実際は子宮を切開して胎児を取り出しても、すぐに胎盤を取り除けないので、次の胎児の取り出しに入れません。すぐに子宮から胎盤を剥がすと大出血することがあるのです。

 

胎盤を取り除くまでの間に胎児に呼吸をうながし、状態を見極めて臍帯を切り離して、その後のケアを看護師に託していたのですが、最近は呼吸を促す作業も含め、すべて看護師に託しています(^^;)。

 

動物病院で行う帝王切開はリスクの伴う外科手術です。

 

ワンちゃんの出産は難産になることや帝王切開を余儀なくされることもあります。

 

安易な気持ちで妊娠させることは控えてほしいと願うばかりです。

 

 

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。