幼犬のけいれん発作

ペットショップさんが、痙攣発作を繰り返している生後約3ヶ月のトイ・プードル(体重1.4kg)を連れて来院されました。

 

当日より入院して、治療を開始しました。お預かりしてからも頻繁に痙攣を起こし、注射をしてもなかなか症状は治まりませんでした。

 

この幼いトイ・プードル君は、実は前日、この子を購入したばかりのオーナーさんが連れて診察に来院されていました。

 

血液検査では異常は確認されなかったので、「てんかん」が疑われました。

 

人では、てんかんの診断に脳波が測定されますが、動物では人のように脳波が上手く測れません。

そのため、てんかん以外の疾病がないか検査をして、異常が無ければ、てんかんと仮診断して治療を始めます。

 

 

この子は、大きな病気を抱えてしまったため、オーナーさんの手元から引き離される結果になってしまいました。

オーナーさんは、この子をすごく可愛がっている様子でしたが、販売したショップさんは責任を感じての対応のためか、詳細は分かりませんが、オーナーさんの手元から離れることになり、お互いに気の毒な結果になってしまいました。

 

 

幸い、てんかん症状も薬で抑えることができるようになり、明日、退院の予定です。

 

入院した最初の2日間は、1時間おきに痙攣を繰り返し、食餌も受け付けない状態でしたが、元気になると、ひどいやんちゃ坊で手に余る暴君ぶりです。

 

 

オーナーさんに、直接、回復ぶりを伝えることが出来ないため、ブログで元気になったことを紹介させていただきました。どうぞ、御安心ください。

 

病気を持って生れてきた子だけど、新たなオーナーさんのもとで幸せになってもらいたいと願うばかりです。

 

 

 

 

 

追伸

 

久しぶりにブログを書きました。日々の診察の疲労でブログを書く気力を奪われていました。

 

里親募集で紹介していた幼い雑種犬は、6頭中5頭、里親さんが決まりました。

 

残り1頭になったので、随分、気が楽になり、世話疲れも軽くなりました。

 

勝手に幼犬を引き取ったため、看護師には苦労を強いらせてしまい、本当に申し訳なかったです。

 

遅くなりましたが、里親募集をしていたワンちゃんの里親が決まった報告でした。

 

 

下の写真の子が残った1頭(♀)ですが、私をすごく怖がります。

すこし厳しくし過ぎたかな(^^;)

反省”””

 

 

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。