避妊手術には賛成?それとも反対?

先週、子宮蓄膿症を発症した11歳の小型犬が来院されました。

 

他院で手術は無理と言われ、内科治療を行っていたそうですが、日に日に状態が悪化してきたため、セカンドオピニオンとして当院を受診されました。

 

オーナーさんは少しでも元気なうちに手術をしたいと希望され、その日の夜に卵巣子宮の全摘手術を行いました。

 

開腹してみると、子宮蓄膿症だけでは無く、子宮筋腫も併発していました。

内科治療では助からなかったのではと考えてしまいます。

この子が助かったのは、リスクを承知で手術を決断したオーナーさんの覚悟だと思います。

 

 

ワンちゃんの寿命が伸びてきたため、高齢になって子宮蓄膿症を発症したり、乳腺腫瘍を発症する症例は少なくありません。

また、高齢ということで今回のように手術を避ける動物病院も少なくないと思われます。

もちろん高齢犬の麻酔を避けたがる動物病院の気持ちも良く分かります。

 

このような疾病を予防するということで、若齢時に避妊手術を勧める獣医師は少なくありません。

 

 

当院ではと言うと、避妊手術を勧めたりすることはありません。

 

避妊手術のメリット、デメリットを知っていただき、あくまでオーナーさんに決めていただいてます。

 

避妊手術をしない選択をされた場合、将来的に乳腺腫瘍や子宮蓄膿症を患う恐れがあります。

私は避妊手術推奨獣医では無いので、例え患者が高齢であっても治療の選択肢から手術という選択肢を除外することはしませんが、麻酔という大きなリスクを獣医と一緒にオーナー様も背負う覚悟が必要です。

 

そのような覚悟を避けたいのでしたら、幼いうちに避妊手術をするのも一つの選択だと思います。

 

 

余談ですが、獣医の立場で話をすると、避妊手術は結構緊張する手術なのです。

 

健康な子を手術するので、オーナーさんは無事に終わって当たり前と思われるでしょう。

そのため、避妊手術であっても万全の構えで手術を行っているのです。

麻酔中はモニターで管理し、術中は点滴を流し、気管チューブを挿管して呼吸は人工呼吸器で調節しています。

日常的に行っている手術ですが、何回実施しても毎回緊張します。

 

 

ところで、今回手術した症例には、その後がありまして・・・。

 

手術は無事に終わったのですが、術後も嘔吐や下痢が治まらず、白血球数も術後さらに増加していました。

 

吐き気が止まらず、白血球数が高いとなると考えられる疾病は・・・「膵炎」です。

 

まさか膵炎まで発症していたとは術前に知る由もなく、今回の症例でいい勉強をさせていただきました。

 

本日、この子が再診で来院されましたが、順調に回復していて安心しました。

そのため、本日、ブログで紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

下の写真は摘出した子宮と卵巣です。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    田代 (火曜日, 19 2月 2013 20:41)

    手術をされたワンちゃんが、順調に回復されてよかったですね。

    雌と雄とでは違いがあるかとは思いますが、私もまろの去勢を悩み続けています。去勢が当たり前のようにお話する方もいて、1歳過ぎたら遅いとも言われました。子どもをとりたい気持ちもあるのですが、お嫁さん探しも容易ではありません。

    性ホルモンに関連する病気の予防という観点においてのメリットは納得できるのですが、マーキング、攻撃性などの問題行動がひどいわけでもないのに去勢をすることに抵抗を感じてしまうのです。

    選択肢に絶対という正解がない以上、オーナーの決断がすべてですよね。去勢するもしないもどちらもかわいいわが子(犬ですが(笑))を思ってのこと。

    まだまだ悩みます。。。。(笑)

  • #2

    一度みてもらった菅井です (木曜日, 21 11月 2013 22:43)

    Hao123の「犬の避妊反対意見」の検索からきました。
    先生より前の大勢に読まれているブログさんで犬と犬とワタクシさんで覚えましたが。先生のように犬の生体に素人な意見を獣医の意見で出すのは善くないと思いました。
    病気の予防でするのが避妊手術だと先生に御説明を受けましたがはやり間違っておられた。とてもショックで残念です。
    我が愛犬の二の舞を外のワンちゃんに踏ませないで生態を学ぶ姿勢で居て下さい。

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。