蕎麦とルチン

久しぶりブログを書いております。

 

年始から雑用に追われ、また年明け早々に父が入院したりで、なかなかブログにまで手が回りませんでした。言い訳です(T_T)

 

先日、市役所の帰りにランチパスポートを使って「信州庵」(愛宕)で天ぷらそば(500円)を食べました。

 

 

 

ネギや揚げ玉、ワカメがトッピングでついていました。

 

麺は手打ちのようで、蕎麦もスープもなかなか美味しかったです。

 

 

蕎麦と言えば、私のなかでは「ルチン」という栄養素が真っ先に浮かびます。ルチンとはミカンの仲間から発見された柑橘フラボノイドです。以前はビタミンPとも呼ばれいましたが、実際はビタミンでは無いので、今では呼ばれなくなりました。

 

健康効果としては、抗炎症効果や血流改善効果などが多数報告されている栄養素です。

 

ルチンは当院にも常備しいているサプリメントで、主に「乳び胸」という疾患の治療時に処方します。

 

乳び胸と言われても、ご自分の動物さんが患わないかぎり、聞くことが無い病気だと思います。

 

乳び胸とは、胸管というリンパ管から脂肪を多く含んだリンパ液が胸腔(心臓や肺の周囲)に貯まる病気です。

 

このような病気の内科治療にルチンを使用しますが、犬でも猫でも投与量が多い。

国内で売られているルチンは含有量が少ないので、海外から取り寄せて使用しています。

 

乳び胸のネコちゃんでは1回500mgを1日3回飲ませていただいています。

乳び胸のワンちゃんでも、体重1kgあたり50~100mgと大量です。それを1日に2~3回に分けて飲ませていただいてます。

 

昨年、当院での乳び胸の症例はセカンドオピニンとしてネコちゃん1症例だけでしたが、この子は奇跡的に完治してくれました。(この病気はなかなか治癒が難しい疾病です。)

治癒の代償?に片方の肺を失いましたが、長生きしてくれることを祈るばかりです。

 

 

補足:2015年3月11日

上記の猫ちゃん、あれから2年たちましたが今も元気に暮らしています。機能を失ったと思っていた肺も正常に回復しており、自然治癒の力強さを感じます。

 

*2017年10月現在

当院ではブログで紹介している柑橘系ルチンの入手が出来ない状況です。

問い合わせをいただいても同じ商品は提供できない恐れがあります。

蕎麦由来のルチンであれば、アマゾン等で入手可能なので、そちらをお買い求めいただければ幸いです。

 

ルチン 1錠500mg含有
ルチン 1錠500mg含有

 

 

余談

 

少し可愛そうなミニチュアホースちゃん。

 

牧場の馬さんの治療に出向いた時、前髪のない馬さんがいました。

 

この馬さんは毛色が豹紋なので、オーナーが特に気に入っているミニチュアホースです。

ことわっておくと、前髪を切ったのはオーナーではなく、高知に来た時には既に前髪が無く、移動中に別の馬によって咬みちぎられたみたいです。

 

オーナーに間抜け顔と言われている可愛そうなお馬さんですが、人慣れした可愛いお馬さんです。

 

オーナーはこの馬をアパルーサと呼んでいます。豹紋の毛色=アパルーサと思われているようですが、アパルーサとは豹紋の毛色をした馬の種類をさします。この子はアパルーサのような毛色をしたファラベラ種(別名ミニチュアホース)です。

 

微妙に違いますが、敢えて訂正しなくてもいいかと。

因みに、この毛色をした馬は全部で2頭います。

 

(豹紋とは、白い体に濃い色の斑点が出る毛色のことです。)

 

 

私からみれば、どんな毛色でも、馬は皆可愛いです(^^)

 

 

ルチン.pdf
PDFファイル 64.0 KB

コメントをお書きください

コメント: 30
  • #1

    永井喜美子 (金曜日, 04 4月 2014 15:25)

    乳び胸で検索したところ、このブログがヒットし読ませていただきました。
    今15歳の雌の猫を飼っています。一週間くらい前から呼吸が荒いのに気付いてかかりつけの病気で診察したところ乳び胸という病気にかかっている事がわかりました。
    腎不全も患っているのと年令が高いので、手術はやめててい

  • #2

    永井喜美子 (金曜日, 04 4月 2014 15:30)

    先ほどの続きです。
    手術はやめて、定期的に胸水を抜く事と利尿薬で様子を見る事になりました。
    海外から取り寄せたルチン、私も欲しいのですがどこにアクセスしたらいいでしょう。
    よろしくお願いします。

  • #3

    ameal-ahp (土曜日, 05 4月 2014 21:44)

    永井喜美子様

    ルチンは探しだすことが出来ましたでしょうか?
    ルチンには柑橘系ルチンと蕎麦などの穀物系ルチンがあります。
    ネコに食べさせやすいのは、柑橘系のルチンだと思います。

    その他、サプリメント以外の食事療法として中鎖脂肪酸を併用する食事療法もあります。

    近日、ホームページをリニューアルして、様々な疾病に対する食事療法を紹介する予定です。

    必ず対応できるとは言いかねますが、ルチンが探し出せなければ当院までお問い合わせください。

  • #4

    佐藤 (火曜日, 27 1月 2015 18:27)

    はじめまして。山口市に住んでおります。佐藤といいます。
    今日うちの猫が腎不全の点滴の影響で胸水が溜まっているのだろうと、胸水を抜いたところ、突発性の乳び胸と判明しました。主治医の先生より早急にルチンのサプリメントを入手するように言われ、色々な所に問い合わせて購入したものの、海外発送のお店しか見つからず、到着は二週間後のものしか購入できませんでした。
    うちの猫は腎パネもかなり悪く、オペをすることはできません。一刻も早くルチンを与えたいのですが、そちらにあるルチンをお売りいただく事は出来ないでしょうか?どうかよろしくお願い致します。

  • #5

    佐藤 (木曜日, 29 1月 2015 19:32)

    今日無事にお譲りいただいたルチンを与える事ができました。ホームページも是非参考にさせていただきます。迅速な対応をしていただきまして、本当にありがとうございました。

  • #6

    (木曜日, 12 3月 2015 01:58)

    はじめまして。横浜の森と申します。
    家の飼い猫が、乳び胸と診断され、胸水を抜きましたらいちごミルクのようなものがたまっていました。ネオフィリン、ラシックス、プレドニン処方薬と脂肪を抑えた食事をするようにとの事でしたが、珍しい病気というので医師も良く解っていないのが気になり、ネットで調べてルチンが効果のあった例もあるとの研究記述をみて医者に話し、上記薬と、ルチン500mgを1日3回飲ませれおります。医者の対応が不安なのですが、上記処方薬を続けて飲ませても良いものでしょうか?
    昨年11月頃より、呼吸の仕方が気になり、この2月7日に病院に行き、レントゲン、1度胸水を抜き1ヵ月を過ぎたところです。本人は食欲もあり、元気にしておりますが、また少しお腹で呼吸をしているような様子も見られます。難病のようですが何とか助けてあげたい一心でおります。宜しくお願い致します。

  • #7

    ameal-ahp (木曜日, 12 3月 2015 11:46)

    森 さま
    私が診察したわけではないので、治療の是非についてはコメントできません。
    乳び胸の治療に関して、当院では食事療法が中心になります。
    食後、血中に中性脂肪を増やしてしまう食事は乳び胸を悪化させる恐れがあるので、脂質・糖質カットの食事指導を行っています。キャットフードは使えないので手作り食となりますが、キャットフードを食べてきた猫ちゃんに、急に手作り食を与えてもなかなか食べてくれない事例も多々あります。
    乳び胸の治療法は各動物病院で様々だと思います。近隣の動物病院の先生方にセカンドオピニオンとして受診されてもいいのではないでしょうか。

  • #8

    (木曜日, 12 3月 2015 14:50)

    早速のご返信有難うございます。セカンドオピニオンの件様子を見ながら考えたいと思っております。食事はロイヤルカナンのサポート食を食べさせていますが、本人が食べてくれれば改善していきたいと思います。ルチンですがネットで随分と調べましたが、人間用のもので良いのでしょうか(Nature's Plusのルチン500mgを購入しました)?度々済みません。

  • #9

    ameal-ahp (木曜日, 12 3月 2015 19:09)

    森 さま
    サプリメントは人用で構いません。ただ、当院では比較的飲ませやすいという点で柑橘由来のルチンを使用しています。
    ルチンはあくまで薬ではなくサプリメントです。即効性は無いので根気よく頑張ってください。

  • #10

    森洋子 (金曜日, 13 3月 2015 10:28)

    ルチンの件有難うございました。私が購入したものは確かに飲ませにくいです。今度そちらで紹介されているものも試してみるつもりです。長期戦頑張ります。
    この度はいろいろと有難うございました。

  • #11

    井上 (土曜日, 25 4月 2015 00:17)

    はじめまして。
    猫の乳び胸で調べていてたどり着きました。
    乳び胸と診断されて2週間ですが、今のところは利尿剤と抗生物質で様子をみています。
    ルチンが効果的かもしれないと知りまして、購入したのですが、味が気に入らないのか全く飲んでくれません。
    HPで紹介しているルチンを分けていただくことは可能でしょうか?
    いきなりですみませんが、可能であればお願いします。

  • #12

    ameal-ahp (土曜日, 25 4月 2015 23:39)

    井上様

    当院に在庫が少しございますので、お送りすることは可能です。

    送付先等、お電話またはファックスでご連絡いただけますか。

  • #13

    井上 (水曜日, 06 5月 2015 23:09)

    先日はルチンをお譲りいただきまして、ありがとうございました。
    実は状態が良くなく、かかりつけ医には覚悟するようにと言われ、途方に暮れてます。。
    うちのコは性格がきついので、胸水を抜いている間に死んでしまうかもしれないと言われ、一度も胸水を抜いていません。ご飯を変えてみたりしながらルチンを飲ませていますが、量が多いので思うように飲めません。セカンドオピニオンも考えていますが、乳び胸は手術しても完治は難しい病気と言われました。。。
    ルチンの効果を祈るばかりです。

  • #14

    伊藤 (土曜日, 05 3月 2016 13:11)

    猫の乳び胸から、このサイトにたどりつきました。当方14歳雌猫、10日ほど前に乳び胸と診断され、ステロイドで1週間投薬したがさして効果がみられず、1日も早くルチン投薬を、と獣医にいわれたが、海外販売サイトで購入申し込んだんだが、2週間到着までかかるとの事。かかりつけ病院(関東地区では随一の設備を誇る某高度医療センターです)には、準備がないとの事です。それまで猫の体力がもつかどうか、非常に不安です。ルチンをおわけいただく事は可能でしょうか?すでに2回、乳びはぬいており、いまは比較的おちついてはいます。回答いただけますと幸いです。
    伊藤(東京在住)

  • #15

    アミール動物病院 (土曜日, 05 3月 2016 16:59)

    伊藤 様

    当院までお電話いただければ、サプリメントをお送りすることは可能です。

    一度、こちらへお電話いただけますか。

  • #16

    伊藤 (月曜日, 07 3月 2016 13:19)

    伊藤と申します。さっそくルチンをお送りいただきありがとうございました。昨日(3/6)夕方届きまして昨日夜から1日2回各1錠、の投薬を始めてみました。缶詰に混ぜ込んだらなんとか食べてくれそうです。気のせいかもしれませんが、飲んでから調子がいいようで夕べから高いところにもジャンプしたりしております。他の投薬(ステロイドと利用剤)と合わせて、しばらくルチンを与えてみようと思います。うちの子は、内蔵型肥満細胞腫(まだ転移はしてないようですが)に起因する乳びのようですので、完治は難しいのかもしれませんが1日でも元気でいてほしいと切に願うばかりです。
    今回は迅速に対応いただき、心より感謝いたします。まずはお礼まで。
    伊藤

  • #17

    横山 (日曜日, 09 10月 2016 20:31)

    猫の乳び胸から、こちらに辿り着き拝見しました。
    3歳の雄猫ですが1ヶ月半前に乳び胸と診断され、はじめに340ml抜き2週間ごとに200ml抜いている状態です。
    治療は胸水を抜いた後に自己血を入れ血壁を作るという方法をとっていますが、なかなか上手く行きません。
    ルチンを試してみたいのですが蕎麦由来のものは餌に混ぜても飲んでくれず困っています。
    そちらで使っている柑橘由来のものを売っていただけないでしょうか?

  • #18

    アミール動物病院 (水曜日, 12 10月 2016 14:45)

    連休中だった為、ご連絡が遅くなり失礼しました。

    ルチンをお送りすることは可能です。御必要でしたら、お電話ください。お送りします。

    ただ、ルチンはあくまでサプリメントです。
    即効性や高い臨床効果があるものでは無いので、この点はご了承ください。

  • #19

    山上 (水曜日, 12 7月 2017 11:25)

    お疲れ様です。猫の乳び胸でルチンの使用を考えています。ネットでルチンを
    検索しましたが穀物系のルチンは簡単に見つかるのですが、穴井先生お勧めの
    柑橘系ルチンおよびpuritan's pride社製ルチン500㎎をみつけることが残念ながら
    出来ませんでした。

    恐縮ですが穴井先生のルチン購入先を
    教えて頂けませんでしょうか。ご多忙中のところ恐れ入りますが宜しく
    お願い致します。

  • #20

    乾千春 (土曜日, 23 9月 2017 18:31)

    初めまして。先月末から、16歳の猫が心臓病とわかり、乳びきょうと言われました。
    9月 18日に呼吸早く、19日火曜日に200くらい、白い液体が抜け、木曜日も抜いて本日また呼吸が荒くて、病院にいったらまた白い液体が200抜けました。なんとかしてあげたくて。こちらのサプリが見つからなくて、わけていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

  • #21

    アミール動物病院 (日曜日, 24 9月 2017 12:51)

    乾千春 様

    当院に在庫がありますので、お電話ください。看護師が対応します。
    ただ、サプリだけで良くなるものではありません。
    食後、中性脂肪を増やさない食事療法も可能なら御検討ください。

  • #22

    荒尾 (水曜日, 30 5月 2018 14:20)

    初めてコメントさせて頂きます。1か月まえより胸水がたまり先日初めて抜きました。
    出てきたのはカルピスのような白い乳び胸水でした。基礎疾患は現在不明です。色々自分で調べてると
    ルチンの事がこちらで紹介されており、参考になりました。ただルチン含有量が多いのを探していますが
    どれが良いのかわかりません。こちらには、もう余分な在庫はございませんでしょうか?
    もしなければ、どういったのが良いのか教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  • #23

    アミール動物病院 (水曜日, 30 5月 2018 15:20)

    荒尾 様

    一度、お電話いただけますか? よろしくお願いします。

  • #24

    重松 (火曜日, 23 4月 2019 09:26)

    高齢猫の乳び胸です。2回抜いています。随分前のブログのようですが、柑橘系ルチンはありますか?よろしくお願いします。

  • #25

    アミール動物病院 (火曜日, 23 4月 2019 19:01)

    重松 様

    当院には柑橘系ルチンの在庫がありません。提供できず申し訳ありません。

  • #26

    佐々木 (月曜日, 15 7月 2019 22:13)

    初めまして。皆様と同じように乳び胸の検索からこちらのブログを拝見いたしました。うちのこは特発性です。
    6月26日に初めて胸水を抜き、100ml 200ml 200mlと3回抜いています。
    内服薬は効果がみられず経過が思わしくありません。担当医からルチンの提案はありませんでしたが、飲ませる話はしました。ルチンはそば由来のもので7月5日から開始しています。

    ルチンのそば由来、柑橘由来は飲ませやすさの問題で飲んでしまえば同じでしょうか?
    また柑橘由来を探しているとバイオルチン(バイオフラボノイド)を見かけるのですが普通のルチンと同様飲ませてもよいものでしょうか?
    ルチンによる漏出箇所の癒着を期待するなら、胸水を貯めない方(頻繁でも抜いた方)がいいのでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、担当医と治療についてルチンを使用するという話が無いのでこちらでお答えがいただけると大変ありがたいです。
    申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • #27

    アミール動物病院 (水曜日, 17 7月 2019 23:08)

    佐々木 様

    ルチン自体は、そば由来でも柑橘由来でも同じものと考えます。論文では植物由来のルチンと記載されていることが多いです。
    バイオフラボノイド、一部でよく使われている表現で、体内に取り込まれると有益な作用を発現するフラボノイドをバイオフラボノイドと表現しているようです。ルチンもバイオルチンも同じものではないでしょうか。

    最後の質問、難しいですね。最近の論文を探ってみました。上の記事の最後にPDFファイルで論文を添付しました。こちらの論文では、投与中は胸水除去は行っていないようで、どちらがいいのか確証が持てません。
    当院では呼吸器症状(臨床症状)が出ている時は、胸水を抜くことが多いです。ルチンはあくまでも補助治療の範疇に入ります。上記論文にも記載されていますが、食事療法は必須だと思います。当院では中性脂肪値を上げないように脂質制限・糖質制限を行っています。

    取り急ぎ、ご回答まで。

  • #28

    寺西 (木曜日, 07 11月 2019 20:35)

    まだ3歳の雄猫なのですが、最近調子が悪いなぁと思い、病院に連れていくと、乳び胸と診断されました。
    肺の水を抜いてもらい、利尿作用のある薬を処方され、大きな病院に行くことをすすめられました。
    私はどうしたらいいのかネットで調べていたらここにたどり着きました。
    やはり柑橘由来のルチンは切らしていますか?

    急に失礼な事を言ってすみません。水を抜いたのに食欲もなく、どうしたらいいのか…

  • #29

    寺西 (日曜日, 10 11月 2019 20:07)

    この前は失礼しました。
    とりあえず柑橘由来ではありませんが、ルチンを購入できました。
    一度試してみようと思います。
    ありがとうございました。

  • #30

    アミール動物病院 (火曜日, 12 11月 2019 00:37)

    寺西 様

    返信が遅くなりましたが、現在も柑橘系ルチンは入手困難な状況です。
    乳び胸は、治療の難しい病気です。当院では、食事療法も併用しています。胸水が白く濁るのは中性脂肪の影響です。その中性脂肪を増やさないために、糖質・脂質の給餌制限を試みています(猫は食事の対応が難しいため、断念する飼い主さんが多いのが現状です)。しかし、これを実践するとカロリー不足を起こし、痩せが進行します。そこで利用しているのが日清オイリオの日清MCTオイルです。ただ、この油にも問題点があります。与える量を増やすと下痢をしやすいことです。そのため、少量から始めてもらっています。

    大変な病気を発症されていますが、介護、頑張ってください。

臨時休診のお知らせ

12月23日(月)

終日休診とさせていただきます。

 

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

       

正月休みのお知らせ

 

年内の診察は12月30日までです。

 

12月31日から1月3日まで休診します。

 

よろしくお願いします。