炭水化物の摂取量は分からないことだらけ

今回も炭水化物についてご紹介します。

 

今から10年以上も前にロバート・アトキンスという方が考案した「低炭水化物ダイエット」、別名「アトキンスダイエット」が世界的なブームを巻き起こしました。ダイエットの理論は医学的に明快で説得力があったため民衆に受け入れられたのだと思います。しかし、2003年、アトキンス氏自身が多くの持病を抱えた状態で無くなりました。そのころから低炭水化物食の副作用を多くの研究機関が報告し、極端なダイエット法に警鐘を鳴らしたこともありブームは無くなりました。

 

ところが、再び低炭水化物食が見直される論文が2008年に発表され、今回は世界的に炭水化物(主に糖質)の摂取量を見直す方向に進み始めました。炭水化物の理想的な摂取量はどのくらいなのかの論争は今後盛んになってくると思われます。因みに、厚生労働省が作製した「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では低炭水化物食の論文を引用するなど、今後の検討に含みを持たせながらも成人の炭水化物エネルギー比率は50%以上70%未満との見解を示しています。様々な論文が、この比率では高すぎるとの見解を示していますが、保守的な国、日本が摂取比率を見直す日が来るかどうかは分かりません。一度根付いた常識は、なかなか覆りません。常識って何?って思う今日この頃です。

 

では、保守的な国、日本でも参考にされた論文について紹介します。

論文の内容は下記にアクセスしてください。

http://www.nankodo.co.jp/yosyo/xforeign/nejm/359/359jul/xf359-03-0229.htm

 

論文タイトルは、「低炭水化物食、地中海食、低脂肪食による減量」で、投稿された雑誌は世界的に権威のある医学雑誌の The New England Journal of Medicine です。

 

3つのダイエット法の中で、地中海食と低脂肪食はカロリー制限ありで、低炭水化物食はカロリー制限なしという食事内容で、低炭水化物食が最も減量効果が高ったというものです。つまり、糖分の摂取量をひかえれば、蛋白や脂肪をたくさん食べても痩せられるというものです。この研究は、イスラエルの322人を対象に、それぞれのダイエット効果を2年間追跡調査した研究です。この報告は、減量を阻むものは血糖値が上昇した時に分泌されるインシュリンにあることを示したものでした。アトキンスの死後、再びアトキンスダイエットが見直されたのです。

インスリンが肥満の要因として注目され始めたのは、身体の中(筋肉細胞や脂肪細胞)にある糖輸送体GLUT4の発見によります。細胞が糖を取り込むには糖専用の輸送体に乗って細胞膜を通過するのですが、筋肉や脂肪細胞にある糖輸送体はインスリンが分泌されると細胞膜に姿を現し、血糖を細胞内に取り込み脂肪として蓄えます。逆に、インスリンが分泌されなければ、血液中の糖分は脂肪として身体に蓄えられないというメカニズムが体内にはあるのです。そのため、インスリンは肥満ホルモンと呼ばれるようになったのです。

肥満は様々な生活習慣病との関連が指摘されていますが、その主犯はインスリンにあるとの報告も多数あります。このことも折に触れて紹介していきたいと思います。

 

余談です。GLUTは日本語でグルットと記載されていますが、私にはグラットと思えてならないのです。取るに足らない余談でした(^^;)

 

ワンちゃんのダイエットに苦労されているオーナー様がいましたら、是非、低炭水化物ダイエットを実践してみてはいかがでしょうか?ドックフードは穀類含有量が多いので、手作り食になってしまいますが、効果は期待できると思います。

 

今回は1例の研究報告を紹介するだけで長文になってしまいました。炭水化物の摂取量を悩ませる論文はまだまだあります。次回も炭水化物について紹介します。

 

再び余談です。以前の栄養学では、炭水化物を糖質と繊維質に分けていましたが、今は2つをまとめて炭水化物となりました。そのため糖質と繊維質ではエネルギー量が違うため些かややこしいと思うですが、厚生労働省の役人はそう思わないのか不思議です。

 

 

 

 

話は変わりますが、昨日の休診日は緊急手術が入り、今日の休診日はのんびりと馬のワクチン注射に行ってきました。ブログでたびたび紹介する動物ふれあい牧場は近日中にオープンするそうです。ただいま、看板の設置や駐車場の整備などでオープン準備に追われていました。オープンしたらテレビ取材も入るようです。オープンまで、いましばらくお待ちください。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    にしもとようこ (金曜日, 12 10月 2012 18:55)

    低炭水化物ダイエットはどうかと思っていたので大変参考になりました。
    朝食抜きダイエットも流行ったことで、子どもに朝ごはんを堂々と与えないお母さんのお話を保育士さんから聞きました。
    マスコミが作った常識は怖いですね。
    これからもブログ楽しみにしています。
    最後になりましたが、開院おめでとうございます☆☆☆

  • #2

    ameal-ahp (金曜日, 12 10月 2012 20:59)

    ご無沙汰しております。
    コメントまで、ありがとうございます。

    人の食育活動をされているにしもと様に補足です。
    低炭水化物食は成人や肥満が気になる年齢になられた方々の食事法です。
    成長期の子供たち、特に15,16歳以下の子供たちには勧められない食事法です。子供たちが朝食を摂る大きなメリットは集中力がつくことだと思います。それが学力にも結び付くとの報告は多いですね。栄養学という視点で考察すると朝食の考え方に賛否両論あると思いますが、学校に通う子供たちには理屈抜きに朝食を摂るように勧められたほうがいいかと私も思います。
    余談ですが、子供たちの肥満の原因としてポテトチップスやフライドポテトが元凶として取り上げられることがありますが、以前までは油が肥満の原因と思っていました。油より炭水化物の摂り過ぎが原因なのかもしれませんね。

  • #3

    にしもとようこ (土曜日, 13 10月 2012 11:57)

    とても丁寧にコメントの返信をお応えいただいて恐縮です。
    ありがとうございました!

    うちには3歳になるメスのコーギーがいます。
    飼った時に初めてペットの食事について考えたのですが
    市販のペットフードは炭水化物と添加物が多いと知りました。

    犬には炭水化物はあまり必要ないんですよね?

    フードは今通販で購入してます。
    体は食べ物で出来るということは
    犬も人も同じなので、気をつけてるつもりですが・・。

    アミールさんでもペットフードを開発されているそうで
    とても楽しみにしていますね!

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。