桂浜水族館でアシカのお引っ越し

今日は早朝よりアシカをケージに収容する作業に立ち会いました。水族館スタッフは優秀なので、私がいなくても大丈夫だと言ったのですが、こんな私でもいるのといないのでは違うようで、作業開始から立ち会うことになりました。

 

ケージに収容する目的は、繁殖のためアシカの♀を♂がいるプールに移動することになったからです。しかし、このアシカはトレーニングされていないため、すんなり事は運びません。些細なことでパニックになる怖がりさんのため、わずか数メートルしか離れていないプールへの移動でも、一度ケージへ収容して移動しなければならないのです。しかも、そのケージに収容することが最も大変な作業になります。

 

昨年もケージへの収容を試みたのですが失敗に終わったため、今回は1年越しの2度目のチャレンジになりました。前回と違うところは、抗不安剤のジアゼパムを吹き矢で注射して、ケージへの収容を試みたことです。この薬に鎮静効果があるとは言え、体重120kgあまりの動物を相手にするのは、なかなか大変な作業でした。水族館スタッフの見事な連携プレイで作業開始から1時間ほどでケージに収容できました。ただ、収容までにアシカが何度も逃げまわり、口や手足に外傷を負いましたが、比較的軽傷で済んだのは幸いでした。

 

こんなに苦労して移動したのだから、来年は赤ちゃんの誕生を期待したいところです。

 

 

最後に、ケージを貸してくださったアニマルランド渡部園長、ありがとうございました。

 

 

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。