身体に住み着く寄生虫

今日は病気の話をします。(病気の話題が好まれるようなので、今後は疾病の話も織り交ぜていきます)

 

身体を痒がるという主訴で来院される患者さんは多いのですが、私たちが見落とせない疾患は何といっても寄生虫の感染症です。ここでは、代表的な寄生虫を写真で紹介します。

 

一つ目は、疥癬症です。皮癬(ひぜん)とも呼ばれ、この原因となる寄生虫は、ヒゼンダニと呼ばれています。ヒトの疥癬症は、最高度の強い痒みを伴う皮膚病の一つと言われているので、疥癬症の動物たちの痒みはいかばかりか想像できるのではないでしょうか。それゆえ、疥癬症の見落としは何としても避けたいところです。

そんな疥癬症ですが、初期症状としては、皮膚真菌症やアレルギー性皮膚炎に類似しています。それは、このダニの寄生の仕方に原因があるのです。ヒゼンダニは皮膚の角質の中にもぐりこんで寄生します。そのため、角質がはがれて粉をふいたようなフケがでてくるのことがあります。こうなると真菌症?と間違えてしまいそうです。次にヒゼンダニの分泌物に対してアレルギー反応が起こることがあります。この分泌物による皮膚炎を起こしたら、あたかもアレルギー性皮膚炎の症状に類似します。もし、アレルギー性皮膚炎と診断されて、ステロイドが処方されたら・・・ダニは大繁殖を起こして、いつまでも治らない皮膚病に動物たちは苦しめられてしまします。

そのため、当院に皮膚病で来院されたら皮膚の検査にお時間を頂いてます。病気を見落としたら、苦しむのは動物たちなので、ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

 

 

 

次に、獣医泣かせの寄生虫疾患は、毛包虫です。アカラスやニキビダニとも呼ばれている寄生虫です。この寄生虫に悩まされやすいのは、生後1歳未満で免疫力が安定しない時期に発症するケースが多いです。また、成犬ではアトピー性皮膚炎を患っていると、時折、毛包虫症を併発していることがあります。症状は、眼や口周り、四肢の足先などに皮膚炎症状が見られ、やがて全身に広がっていくことが多いように思われます。この寄生虫も見慣れないと容易に見落としてしまいやすく、上記の場合と同様にアレルギー性皮膚炎と診断されてアレルギーの治療を行うと、こちらの寄生虫も大繁殖し、激しい痒みに動物たちが悩ませられることになります。獣医泣かせと紹介したのは、見つけにくく、また治療にも時間を要するからです。なかなか治癒しないと「この獣医はヤブかしら?」と思われても仕方ないのかもしれません。これが、獣医泣かせの寄生虫疾患と紹介した理由です。

 

以上、二つの寄生虫疾患を紹介させていただきました。

 

 

臨時休診のお知らせ

現在、予定はありません

 

 

 

 

動物看護師の募集

来春(2018年4月)より働いていただく動物看護師を募集しています。

詳細はトップページに記載。